トイレの手洗い器のタイプについて

おうちカンパニー

0120-49-4101

〒573-0006 大阪府枚方市堂山東町7番10号

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜・祝日

トイレの手洗い器のタイプについて

コラム

2022/09/01 トイレの手洗い器のタイプについて

近年、タンクレストイレが増えたことで、手洗い器を設置する家庭が増えています。
トイレの手洗い器は、さまざなタイプがありますので、自宅のトイレに合わせて選びましょう。
そこで今回は、トイレに設置する手洗い器のタイプについてご紹介します。

トイレの手洗い器のタイプ

置き型

洗面ボウルの下に、収納スペースが完備されているタイプです。
サニタリー用品や掃除用具を収納できるという特徴があります。
ただし、ある程度のスペースがないと設置が難しいです。

ブランケット

壁に設置や埋め込みタイプの手洗い器です。
狭いトイレ空間に対応しやすいという特徴があります。
ただし、壁に埋め込むための工事が必要となり、マンションでは設置が難しい場合があります。

カウンター

トイレの壁にカウンターを取り付けて、洗面ボウルを設置するタイプです。
自由度が高く、お好みの洗面ボウルや水栓パーツを選ぶことができます。
おしゃれな手洗い場にしたい方におすすめです。

トイレの手洗い器は後付けが可能

トイレの手洗い器は、リフォームにて後付けで設置することが可能です。
素材や色など幅広い種類がありますので、お好みの手洗い器を選びましょう。
手洗い器の設置スペースや使いやすさなどをよく検討して、リフォーム会社に相談することが大切です。

まとめ

トイレの手洗い器には、「置き型」「ブランケット」「カウンター」などのタイプがあります。
トイレに手洗い器が必要なのか、設置するスペースや便利さなどをよく検討しましょう。
「おうちカンパニー株式会社」では、豊富な知識や技術を持つ職人が丁寧にリフォームをいたします。
トイレの手洗い器に関してのご相談があれば、ぜひお問い合わせください。

TOP