キッチンの形別の特徴

おうちカンパニー

0120-49-4101

〒573-0006 大阪府枚方市堂山東町7番10号

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜・祝日

キッチンの形別の特徴

コラム

2022/07/01 キッチンの形別の特徴

キッチンには、様々な種類があり、それぞれに特徴が異なります。
今回は、キッチンの形別の特徴について解説します。

キッチンの形別の特徴

I型

I型は、一直線に流し台やコンロなどが並ぶタイプのキッチンです。
シンプルなレイアウトであるため、間取りの制約を受けずに設置できます。
形状がシンプルなことから、他の形状のキッチンに対してリーズナブルです。

L型

L型は上から見た時に、L字に見えるキッチンです。
コンロ・流し台・シンクの間を移動する距離が短くなるので、効率的に作業することができます。
デッドスペースになりがちな角に収納を設置すれば、さらに使いやすいキッチンとなります。

U型

U型は、キッチンとして広い面積を必要とする代わりに、圧倒的な作業・収納スペースを確保できます。
「1度に複数人でキッチンを使いたい」という際にも、効果的な形です。

ペニンシュラ

ペニンシュラ型は、片側のみが壁に接した形の対面式キッチンです。
リビングやダイニングにいる相手と、コミュニケーションが取りやすいという特徴があります。
そのため、調理中も目が離せない・小さいお子さんがいる家庭におすすめの形状です。

まとめ

キッチンには形状別に、I型・L型・U型・ペニンシュラ型という種類があります。
見た目だけでなく使いやすさに違いがあるので、ニーズに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
当社は、施工スタッフの人柄と丁寧な工事内容で、多くのお客様からお褒めの言葉をいただいております。
「どんな形のキッチンが良いか選べない」という場合も、親身に相談に乗らせていただきますので、お気軽にお声がけください。

TOP